ゆっくり生きよう・にっこり走ろう

人にも環境にも自分にも優しくいきる。それがフィアットカルチャーです。

FIAT 500バースデーイベント「Amore FIAT Birthday 2016」開催!

2008年の「500(チンクエチェント)」の導入以来、毎年恒例となったバースデーイベント。会場となった千葉県のキャンプ場には今年も多くの人が集まり、さまざまなアクティビティを一緒に楽しみました。

160712_Fiat_title

梅雨時であることを忘れさせる快晴の7月3日(日)、今回で9回目となる「500」(チンクエチェント)のバースデーイベント「Amore FIAT Birthday 2016」が 千葉県・市原市のキャンプ場、一番星ヴィレッジで開催されました。

160712_Fiat_01

晴天となったキャンプ場には、新旧「500」が大集合しました。

開場となる8時を過ぎると次々とカラフルな「500」が場内に並び始めました。来場者の中には、「500」の2代目モデル「Nuova 500」を一台ずつ乗って来られたご夫婦の姿も。その真っ赤な「Nuova 500」を目の前にし、当時同じモデルを愛車にしていたという年配の男性が 「懐かしい!」と目を細めて眺めていました。

160712_Fiat_02

「Nuova 500」を2台所有されているステキなご夫婦にお会いしました。

グングン上がる気温とオーナーたちの熱気により、会場があたたまったところで開会式へ。大きな木の下がステージとなり、よしもと芸人のインディアンスさんのMCのもと、FCAジャパン マーケティング本部長 ティツィアナ アランプレセの天気に負けないくらい明るい笑顔と「Amore!」ということばでイベントのスタートとなりました。

160712_Fiat_03

インディアンスの田渕章裕さん(左)と木村亮介さん(右)のMCで進められた開会式。FCAジャパン マーケティング本部長 ティツィアナ アランプレセ(中央)が挨拶を述べ、イベントはスタートしました。

ステージプログラムのスペシャルゲストとして登場したのは、ちょうど一年前に「Nuova 500」でイタリアを出発し、ヨーロッパとアジア約14ヶ国を旅してきたというイタリア人のAndreaさんとLucaさん。ふたりは、「チャレンジし続ければ、何でもできる!」という夢を世界中の子どもたちに見せたくて、今回のプロジェクトを実行。「どこの国の人もみな親切で、元気をもらってここまで来られた」と、爽やかに語ってくれました。「Nuova 500」と共に、ふたりも世界中の人たちに愛され、勇気を与えて来たのですね。

160712_Fiat_04

イタリアから「Nuova 500」で旅しながら日本を訪れたAndreaさんとLucaさんがゲストで登場。

この日、「500」のバースデーをお祝いするために集まってくれたフィアットオーナーやファンの皆さまには、たくさんの催しが用意されました。 体を動かしたい人はアクティビティエリアで、ラテン音楽に合わせてダンスをするズンバ体操や、青空の下でヨガをしてリフレッシュ。男の子たちも元気に元Jリーガー、矢野マイケルさんといっしょに元気にサッカーを楽しみました。

160712_Fiat_05a

160712_Fiat_05b

(左)青空の下、暑さに負けずズンバをプレイ。(右)元Jリーガー矢野マイケルさんとサッカーを楽しむ少年たち。

ワークショップエリアでは、塗り絵コーナーで女の子たちが「500」や「Panda」に好きな色を塗りながら、おしゃべりに夢中に。また、パスタブランド“Barilla”のブースでは、大人も子どもも集中してパスタをフォトフレームにくっつけ、オリジナルの作品を作って楽しみました。

160712_Fiat_06a

160712_Fiat_06b

ワークショップのコーナーでは、塗り絵コーナーやBarillaパスタでフォトフレームを作る体験が行われました。

“Share with FIAT”ご紹介コーナーでは、病気の子どもたちにわくわくする時間を提供しているNPO法人スマイリングホスピタルジャパン提供のストリートパフォーマンスが開催。大道芸人によるユーモア溢れるショーに、子どもたちも大喜び。そして行き場を失った多くの動物に安心して暮らせる避難所(シェルター)を提供するNPO法人ARKがワンちゃんと一緒に、その活動内容を紹介していました。

160712_Fiat_07b

160712_Fiat_07c

NPO法人スマイリングホスピタルジャパンのブースでは、ジャグリングや手品といった芸を、コメディを交えて披露してくれたRYU(左上)さんと、マジックとコメディを織り交ぜたショーで楽しませてくれたマサトモジャ(右上)さんが会場を盛り上げてくれました。ARKブース(左下)では、動物グッズの販売とともに、活動内容の紹介が行われました。

フードエリアでは、“ツジ・キカイ”によるイタリアンピッツァづくり教室が開催され、本格釜で焼いた手作りのマルゲリータを美味しそうに頬張る人たちの姿が見られました。

160712_Fiat_09b

160712_Fiat_09a

手作りピッツァ体験では、日本が世界に誇るピッツァ職人によるピッツァ体験が行われました。

会場の端に建てられた可愛らしい丸太小屋では、昨年に引き続き、イタリアエスプレッソ協会公認のバリスタ中川直也さんが、本場ナポリ「KIMBO(キンボ)」のエスプレッソコーヒーを淹れてくれました。「砂糖をめいっぱい入れて、チョコレートのようにして飲むのがイタリアンスタイル」なのだそう。小屋の中では、募金をすると、“SHOP ITALIA”のオリーブオイルや、トマトソースなどのイタリア食材を進呈してくれます。KINBOのエスプレッソと、SHOP ITALIAで集めた募金は、FIATの社会貢献活動“Share with FIAT”コラボレーション団体として、この日参加してくれたNPO法人スマイリングホスピタルジャパンと、NPO法人ARKへ寄付されるとのこと。美味しいコーヒーやイタリアの食材をいただいて募金ができるなんて“あい”のある、フィアットのイベントらしい発想ですね。

160712_Fiat_08

募金していただいた方に、FIAT Culture Magazineでもおなじみのバリスタ中川直也さんが本格イタリアンエスプレッソを淹れてくれました。

思わずワインが飲みたくなる、イタリアンなお惣菜がたくさん詰まった“エリオ”プロデュースによるランチボックスを楽しんでいると、ステージから何やら心地良い音楽が聴こえてきました。DJ AMIGAさんに続き、ファンクバンド“K-106”さんによるライブパフォーマンスが始まったようです。木の下のステージを見上げ、芝生のフロアで気持ちよさそうに体を揺らして音楽を楽しんでいる人たちの姿がありました。

160712_Fiat_10a

160712_Fiat_10b

160712_Fiat_10c

(左)参加者には、本格イタリアンレストランとケータリングサービスを提供する“エリオ”のランチボックスが振る舞われました。(右)ファンクバンド“K-106”さんのライブパフォーマンス。(左下)BGMを担当してくれたDJ AMIGAさん。

今回のイベントで一番注目されていたのは、なんといっても昨年登場したばかりの「500X Cross Plus」と限定モデル「Panda 4×4」のオフロード体験です。インストラクターの運転のもと、「500X」 に同乗した参加者は、SUVならではの車高の高さと障害物をスムーズに通過する4×4モデルの体験に、「安定していた」「走りがすごい」と感嘆の声をあげていました。

160712_Fiat_11

目玉イベントのひとつFIATオフロードチャレンジでは、「500X」と「Panda 4×4」によるオフロード同乗走行体験が行われました。

目白押しの内容にまだまだ遊び足りないところですが、あっという間に閉会式の時間となってしまいました。最後はお待ちかねの、クイズ大会です。全問正解した人の中から抽選で豪華アイテムが当たるということで、みなさんワクワクした表情でステージ前に集まりました。

160712_Fiat_12a

160712_Fiat_12b

クイズ大会で勝ち残った方には、フィアットオリジナルグッズなどの景品が手渡されました。

インディアンスさんが大きな声で当選者の名前を呼び、フィアットのオリジナルグッズやSHOP ITALIAの食材セットなど、オーナーにはうれしいアイテムが次々とプレゼントされます。そして、今回の目玉賞品は、イタリア最大を誇る時計メーカー“LOCMAN”が「500」のメーターデザインを時計のケースにしたという、希少なコラボレーションウォッチ“FIAT 500”です。当たった人は、何てラッキーなのでしょう。愛車や家族と共に、またひとつ宝物が増えてしまいましたね。

160712_Fiat_13a

160712_Fiat_13b

今回のプレゼント商品の目玉はなんと、LOCMANの腕時計。

最後に、青空の下、「500」を愛する人たちがみんなで「ハッピーバースデー」を合唱。“Amore(あい)”に溢れ、「500」を想う素敵な1日になりました。また来年、同じ仲間と、そして新しい仲間も増えてお祝いができたらこんなに素晴らしいことはないですね。Ciao!

160712_Fiat_14a

160712_Fiat_14b

(左)ご家族やご友人と楽しまれていました。(右)「500」を通じて知り合ったというおふたり。

笑顔がまぶしいイベントの様子を動画でもお届け!

取材・文 朝倉奈緒
撮影 荒川正幸