ゆっくり生きよう・にっこり走ろう

人にも環境にも自分にも優しくいきる。それがフィアットカルチャーです。

マイナーチェンジしたFIAT 500に試乗 見えない部分の進化も実感

2008年に発売された「500(チンクエチェント)」が、デビュー以来初のマイナーチェンジを受けました。「500」前期型オーナーであり、モータージャーナリストの藤島知子さんが、改良モデルに試乗した印象を報告します。

160311_Fiat_01

変更部品は1900点、細部まで進化!

愛嬌満点のルックスと親しみやすさで、多くのファンを虜にしてきた「500」が2016年1月、国内デビュー以来初のマイナーチェンジを受けました。8年目のマイナーチェンジは、クルマのモデルサイクルではやや長め。裏を返せば「500」は長期にわたり、色褪せない魅力を放ってきた証。これほど小さなボディでありながら、今回の変更部品は1900点にも及ぶとのこと。目に触れる部分だけでなく、見えない部分も進化しているのです。

エクステリアは、従来の「500」らしさは残しつつ、細部を中心に変更が加えられています。なかでも大きな変更はライト類。ヘッドランプは「Lounge」だけでなく「Pop」にもプロジェクター式が採用されたほか、新たにLEDデイライトが全車に採用されました。走行時に常時点灯するこのデイライトにより、周囲からの被視認性が高まることが期待できそうです。

160311_Fiat_02フロントバンパーが変更されたほか、エンジンオンで点灯するLEDデイライトが追加された。

フロントグリルはクロームメッキのドットを散りばめたデザインに変更されています。またそのグリル内の左右にはクロームのリングに囲まれたフォグランプが配置され、そこから外側に伸びたメッキのガーニッシュが安定感のあるスタイルを印象づけます。今回のデザイン変更では、これまでのレトロな感じから一歩踏み出し、シックな雰囲気を増した印象。これもまた広く受け入れられるのではないでしょうか。

160311_Fiat_03

リヤスタイルは、テールランプの形状が変更され、中央にはボディ同色の装飾が加わりました。さらにバックランプとリアフォグランプがバンパー下部に移動し、横一文字のラインが強調されているのが印象的です。

160311_Fiat_04

リアまわりはバンパー形状が変わり、テールランプも新しくなった。

インテリアの変更でより快適なドライブを!

今回試乗したのは「TwinAir Lounge」。アルミホイールは新デザインのものが採用されており、タイヤの回転を強調するような立体感あるグラフィックに変更されました。さらに前期モデルでは限定車として人気を得ていた爽やかなミント グリーンのボディカラーが標準色に加わりました。ボディカラーはソリッド系が5色、三層仕上げのパールペイントが1色の全6色が設定されています。

160311_Fiat_05「TwinAir Lounge」に採用された新デザインのホイール。

インテリアについては、シートの柄が一新されたことに加えて、新たにエンターテインメント機能が追加されています。ボディ同色のダッシュパネルの中央には、「500X」にすでに採用されている5インチのタッチスクリーンが搭載され、Bluetooth経由で携帯電話のハンズフリー通話も可能に。2016年3月末以降は、カロッツェリアの2DINインダッシュタイプのカーナビ「楽ナビ」が装着可能になるという、うれしいニュースもあります。

160219_Fiat_06160219_Fiat_11

インテリアは、5インチのタッチスクリーン式オーディオが採用されたのが大きなトピック。シート表皮はよりファッショナブルなデザインに。

さらに、USBや外部入力端子にケーブルを繋ぐことで、スマートフォンや音楽プレーヤーに保存したお気に入りの音楽を再生できます。いまの時代に欠かせない“繋がる機能”はドライブの楽しさをいっそう高めてくれそうです。オーディオやハンズフリーの操作はステアリングホイール上のスイッチでも行えるので、運転中に手を離さず操作できるのも好ましいポイントです。

160311_Fiat_08

iPhoneや携帯音楽プレーヤーに保存した音楽の再生も可能。タッチパネルやステアリングホイール上のボタンから操作できる。また、3月末以降は、新たに2DINインダッシュ7インチタイプの「楽ナビ」2タイプが設定される予定。

車内に設定されたポケッテリアも使いやすさが向上しています。前期型では助手席の膝元にオープンタイプのグローブボックスが設置されていましたが、それがフタ付きのものに変更されています。これまでは大切な車検証などはラゲッジルームにしまっていましたが、安心してグローブボックス中に収納できるようになりました。また、前期型同様に乗員4人分が用意されているドリンクホルダーは形状が変更され、四角いペットボトルが収めやすい形になっています。身近なものがサッと置きやすくなったのはうれしい配慮ですね。

160311_Fiat_09リアシート用のドリンクホルダーの使い勝手も向上した。

実際に走らせて進化を実感!

クルマに乗り込んで驚かされたのは、ドアの閉まり感に変化が感じられたこと。まるでクラス上のモデルに乗ったかのように、ドアを閉めた瞬間にボスンッという重厚な感触が得られるようになりました。

走り出すと、ステアリングフィールにも違いを感じました。交差点などでステアリングを切り込んだり、戻したりする時の感触がマイルドで滑らか。サスペンションはうねりを乗り越える際に「ポヨン」と縮んでから跳ね返るかわいらしい動きを見せることもありますが、高速で路面の継ぎ目を通過するような場面では車体の収まりがよく、フラットな乗り心地を維持してくれます。小刻みに上限に揺すられるような動きは抑えられているので、快適にドライブできるのがいいですね。

160311_Fiat_10

さらに、TwinAirエンジンと5速デュアロジックを組み合わせたお馴染みのパワートレインは、アクセルを踏み込んで加速していく際に、これまで以上にしっかりと力をみなぎらせていく感触を伝えてきます。2気筒のTwinAir特有の鼓動感を残しながらも、アクセルペダルの踏み込みに連動して加速感を高め、爽快な走りを満喫させてくれます。

160311_Fiat_11

生まれ変わった「500」は、わずかな時間走らせただけでも、その進化を肌で感じることができました。かわいらしさや親しみやすさなど持ち前の魅力はそのままに、ルックスも機能も走りもアップデートされた新しい「500」。何気ない日常をワクワクさせてくれるクルマだと思います。

160311_Fiat_12
500

写真 荒川正幸
文 藤島知子

関連記事
最新は最良だけど、マイベストは自分の500
FIAT 500でスノードライブ! 雪道で実力を試します
FIAT 500 を3台所有!? オーナーを訊ねました