ゆっくり生きよう・にっこり走ろう

人にも環境にも自分にも優しくいきる。それがフィアットカルチャーです。

“インスタ映え”する料理の美味しい撮影テク。永久保存版!_01:光とアングル編

IMG_3544_4

文=友永文博

 インスタグラムやFacebookなどに、お気に入りの料理写真を投稿する機会は多いですよね。そこで今回はsonekanaさんとKUMICOさん、2人の人気インスタグラマーの方々に料理撮影の際のポイントを教えていただきました。そのアドバイスを参考にしつつ、料理がより美味しく見える“インスタ映え”するフォトジェニックな写真の撮り方をご紹介します。

やっぱりスタートは光の取り入れ方から

 ではさっそく始めましょう。第一に気をつけなくてはいけないもの、それは光です。もちろん外食で、自分では光のコントロールをどうしようもない場合も多いかもしれませんが、やはり写真は光のアート。光をうまく取り入れて魅力的な写真を目指しましょう。以下の2つのポイントが基本中の基本、のようですよ。

1. フラッシュは使わない

 まずは初めに、できる限りフラッシュは使わないこと。なぜかって? それは人工的でダイレクトな光だと、料理がどうしても美味しく見えないから。コントラスト(写真の陰影)が強すぎるし、当たり前だけど、どこかナチュラルじゃないんです。カメラの性能も年々アップして、かなり暗い場所でも撮影可能。あとで画質調整もできます。料理撮影の際はフラッシュをオフにするのが鉄則です。

③

ex.①_sonekanaさん:香りや味の想像ができるような写真を撮りたいとき、フラッシュは使用せず、部屋のライトのみ。夕飯時はどうしても暗くなるので、加工アプリで露出度を上げています。料理の質感を出したかったので、無駄なものを写さずにギリギリまで寄って撮りました。

2. 逆光かサイド光で

 では料理が新鮮に美味しく見える写真って何でしょうか? それは簡単にいうと「料理の色や立体感が自然に表現されている写真」。そのためには、光は逆光かサイドからが有効です。というのは写真に光のグラデーションが生まれるから。自然な陰影は写真をドラマチックにします。以下の2つの例を比べてみると明らかですね。

IMG_3535

 左は手前から光が入る順光。右は奥から光が入る逆光。左は全体的に光が均一のため平板な印象で、食べ物も浮き立ってきません。一方、右は器の上の光のグラデーションやオリーブの実のツヤ感など光に表情があります。2つの差は歴然。やはり右の逆光の方が、料理が美味しそうに見えますね。sonekanaさんの実例も見て見ましょう。

①

ex.②_sonekanaさん:自宅のテラスランチの写真です。気持ちの良い外ランチの雰囲気を表現することを意識し、テーブルの横から光が当たる位置にカメラを構え、植物や被写体の影を作り立体感を出します。料理自体に高さがないので、斜め横から撮るとのっぺりとした写真を避けられます。また、料理を美味しく見せるよう彩度を少し上げた加工を施しました。

3. 手前の影を目立たなくする白紙の用い方

 ここで一つ、覚えておくと便利なミニテクニックがあります。それは白いノート(紙)の活用です。特に下からのアングルの場合は思った以上に陰影がつきすぎて、手前の影の部分のディテールが見えにくいことも。そんなときにノートが役立ちます。プロカメラマンが使用するレフ板代わり。これで手前から光を反射すれば、影の濃い部分を明るくできるのです。もちろん白い画用紙等でも構いません。

IMG_3533

 左のように高さのあるものを逆光で撮影すると、手前の暗い部分が目立ちます。下方の光の透け感を残しつつ、オレンジとグリーンというスープの色をもう少し再現したい場合、手前から補助的な光を当てます。カメラの画角に入らないよう注意しつつ、ノートなど白い紙で光を手前から明るくしたい部分を狙って反射します。覚えておくと、きっと役に立つはず。

カメラ位置は真上が基本、時々ぐっと下から

 そして光の次に考えるべきは、カメラの画角(アングル)です。最近の主流は真俯瞰(真上)から撮影したもの。写真がグラフィカルになって、センス良く感じられます。ほら、インスタグラマー2人の写真も大部分がそうですね。

4. 基本は真上から20度ダウンまで

 写真を上から撮影すると、なぜグラフィカルになるのか? 理由は置かれたモノどうしの重なりがなくなるので、より整理された印象になるからです。上から見た際の、ものの配置のバランスが重要になってきます。

②

ex.③_sonekanaさん:盛り付けの高さが比較的均等なお弁当は、俯瞰で撮るほうが綺麗に決まります。より美味しそうに見えるように、彩度を上げることが多いです。そして高彩度で強く出てしまう赤みを色温度を下げて調整します。

photo1

ex.④_KUMICOさん:デジタルカメラ使用して、レースのカーテン越しの自然光で撮影。カメラ位置は自分の影が映らないように、やや斜め上から。料理にナイフを入れることで、シンプルな料理にも「ごちそう感」が出ます。この写真もそうですが、デジカメで撮影する際は「料理を美しく撮る機能」などをよく使用しています。

5. 高さのある料理は思い切って下から

 真上近くが基本ながら、時には思い切りローアングルが効果的な場合もあります。それは高さがある料理を撮るときです。下から見ると立体感が強調されて迫力がアップ。KUMICOさんの2つの例を見て見ましょう。

4

ex.⑤_KUMICOさん:シャンパーニュや料理の具材の重なりがよくわかるように、若干下からあおって撮影。高さのあるものは基本、下から撮っています。シャンパーニュが写真に透明感をプラス。またグラスの水滴もきちんと映れば、冷えて美味しそうなことも伝わります。壁のメニューの茶色い額縁を入れたら、写真が引き締まりました。

photo4

ex.⑥_KUMICOさん:レタスのグリーンが引き立つように、白壁&白い皿を使用。下からあおって撮ることで、サンドイッチに厚みが出ますし、レタスのボリューム感も伝わります。ちなみに手でお皿を持って撮影しました。これはアップの写真だからこそ可能なのかもしれません。フィルターはクロームを使用しています。

“インスタ映え”する料理のおいしい撮影テク。永久保存版!_02:セッティングと加工編はこちら

協力いただいたインスタグラマー

sonoekana

曽根加南子。東京在住。大手アパレルや広告代理店の勤務を経て、現在はフリーランスのPR、ライター、そして主婦。料理好きで、旦那さまへの愛情あふれる“オット弁当”を『Spark GINGER–ソトナカごはん』にて連載中。
Instagramはこちら >https://www.instagram.com/sonekana/?hl=ja

KUMICO

石川久美子。大阪在住。アパレルメーカー勤務を経て、主にファッションと食をテーマとするライターに。特にリアルなパリ流スタイルの提案に定評あり。『FRANCE365』での連載ほか、『DRESS』や『Spark Ginger』にも執筆中。
Instagramはこちら >https://www.instagram.com/kumiroux/