ゆっくり生きよう・にっこり走ろう

人にも環境にも自分にも優しくいきる。それがフィアットカルチャーです。

Il Diario Fotografico_04 ミラノ風カツレツ、あなたは肉厚派? それとも極薄派?

写真・文=ステファノ・トゥリウルツィ 訳=池田愛美

AGOSTO:8月

01_cotolettaVS

Cotoletta alta Vs Cotoletta bassa. A Milano la cotoletta è un’istituzione, soggetta a numerose varianti che ne fanno discutere su misure, consistenze e altezze. Di puro vitello giovane, qui 2 versioni contrapposte: la prima, moderna e altissima del Ristorante Liberty, la seconda più classica della trattoria Masuelli, tempio della tradizionale milanese.

#cotolettaallamilanese #cotoletta #ristoranteliberty #trattoriamasuelli #milano

分厚いカツレツVS極薄カツレツ。ミラノ人にとってカツレツとは、一つの原理原則であり、しかもさまざまな細則と例外を持ち、そのサイズ、固さ柔らかさ、厚みなどについてしょっちゅう議論を巻き起こしている。例えば、ここに挙げる2つのカツレツ。一つは『リストランテ・リベルティ』の現代的でふっくら厚みのあるバージョン。もう一つはミラノ伝統料理の殿堂と称される『トラットリア・マスエッリ』の実にクラシックなバージョン。見た目はまったく異なるけれど、どちらも正しく若い仔牛を使ったミラノ風カツレツなのである。

 

02_biovio

Ritratto a Chiara e Aimone di BioVio, i primi in Liguria a coltivare erbe aromatiche biologiche, oltre che produrre un ottimo Pigato, meritevole del premio di miglior viticoltore dell’anno.

#biovio #liguria #pigato

『ビオヴィオ』農園のキアラとアイモーネは、リグーリア州で初めて有機農法でハーブを手がけた2人。しかも、ピガートと呼ばれるリグーリアの希少なワインの年間最優秀賞を獲得した生産者でもある。

 

03_panama

In estate l’uomo elegante non può che indossare Panama per proteggersi dal sole. Fernando Moreno in Villa Mozart a Milano racconta i segreti degli intrecci dei migliori cappelli del mondo.

#cappellodipanama #panama #villamozart

夏、エレガンスを信条とする男性にとって欠かせないのがパナマ帽。ミラノのヴィッラ・モーツァルトで、フェルナンド・モレーノが、この世でもっとも美しいこの帽子の秘密を語ってくれた。

 

04_vespe

In un garage italiano qualunque sono conservati gioielli vintage. Io le ho svelate: Vespa.

#vespa

イタリアでは誰もがガレージにヴィンテージな宝物を持っている。それはヴェスパ。僕の使命はそれを見つけ出して光を当ててやること。

 

05_ferrovia

Per lavoro mi trovo a dover scattare fotografie a modelle così come a bottiglie di champagne; ma quello che mi mette veramente alla prova, sia tecnicamente che fisicamente, è il reportage: qui, di notte, in ferrovia, per un’Italia sempre più veloce.

#ferrovia #veloce

仕事で僕はいろいろなものを撮る。モデルも撮ればシャンパーニュのボトルも。でも、僕にとって、技術的にも体力的にも試練なのはルポルタージュ。例えば、夜の鉄道。いつだって“速いイタリア”を写し出さなければならない。

 

著者プロフィール

Stefano Triulzi

写真家。ミラノのIED Design / IED Visual Arts 教授。イタリア北部の古都ベルガモ出身。ファッションからインテリア、ドキュメンタリーまで多彩なテーマを撮影。雑誌『Arbiter』『Spirito diVino』『LA CUCINA ITALIANA』、新聞『LA STAMPA』ほか広告などで幅広く活躍。自身の料理の腕もプロ並み。現在の愛車はヴィンテージのFIAT 500。
http://www.stefanotriulzi.com/