ゆっくり生きよう・にっこり走ろう

人にも環境にも自分にも優しくいきる。それがフィアットカルチャーです。

Your Style Consulting Q.ドライビング用とシティユースの両方で活躍する夏向きシューズのおすすめは?

_DSF4543

写真=加瀬健太郎 選・スタイリング=齊藤知宏 文=友永文博

 イタリアでドライビングシューズといえば、真っ先に名前が上がるのがトッズの「ゴンミーニ」というモデル。車好きのファッション愛好家なら、一足は持っているであろう超有名品です。靴の専門誌などでも活躍するスタイリストの齊藤知宏さんにうかがうと「ドライビング用を考慮するなら、ノウハウを培ってきたトッズから、自分の好みに合った一足を選ぶのは賢い選択です。もちろんゴンミーニも街履きが可能ですし、毎年少しずつ改良され、新しいデザインや素材が投入されます。トッズは選択肢が豊富なのもいいですよ」とリコメンド。となれば早速、今シーズンのトッズのラインアップから、汎用性の高いおすすめモデルをピックアップ。齊藤さんに紹介していただきましょう。

女性用ゴンミーニはエナメルレザーの輝きが魅惑的

 まずは女性向けのおすすめナンバーワン、「ゴンミーニ」の最新モデルです。ゴンミーニの特徴はソール裏のペブルというゴム製突起(その数は片足100以上!)。快適な履き心地を約束する大発明でありながら、今ではアイコニックなデザインモチーフに。柔らかくかつグリップ力の高いこのソールのおかげで、ドライビングはもちろん、街歩きにも適したシューズとして、揺るぎない評価を得ているのです。齊藤さんが選んだのは、大きめな「ダブルT」のバックルが印象的なモデル。「エナメルレザーが、上品で夏らしいシャイニーな輝きを足元に加えてくれます」。とはいえバックルが同素材のため悪目立ちもなく、しっかり日常使いができて活躍シーンは多いはず。

pic06_2

レッド、ブルー、ホワイトの3色展開。エナメルのゴンミーニ 各¥61,000(トッズ/トッズ・ジャパン)

メンズのデッキシューズは、シンプルデザイン&シックな色使い

 一方、男性用には「特に春夏はトッズが得意とするデッキシューズも要チェック」とのこと。こちらはアンティーク加工のカーフレザーに、オリジナルラバーの黒いカップソールを圧着。カウンター部分にペブルを配しています。これが機能性を高めるとともに、デザインアクセントにも。インソールもやや厚めでクッション性に配慮。船とクルマと出自は違っても、アクティブな使用に十分応えてくれます。また齊藤さん曰く「全体的に落ち着いたトーンなので、より幅広いシーンで着用できることも見逃せない点」。ちなみにこのシューズのモデル名「マルリン ハイアニスポート」は、故ケネディ大統領が所有していた木製ボートの名前。そしてこのボートは現在、トッズのディエゴ・デッラ・ヴァッレ会長が所有されているそうです。

_DSF4592

ラチェットモカシン¥59,000(トッズ/トッズ・ジャパン)

バランスの良さが際立つ男性向け日本限定モデル

 次に紹介するのは、齊藤さんが「個人的には一番欲しい!」ものとか。メンズアイテムの中で今シーズンを代表する一足。ドレスアップにもカジュアルなパンツにも合わせやすい、シンプルで上品なデザインのネイビーの「ゴンミーニ」です。アッパーにトッズの定番ブレスレット「マイ カラーズ」からインスパイアされたレザーの編み込みの飾りを付け、リアルクロコを履き口に配したさりげなくラグジュアリーなモデル。そしてなんと日本限定商品だそう。人とはちょっと違うゴンミーニを求める方は、間違いなく候補の筆頭かもしれません。

pic01

ホワイトデニムパンツ¥26,000(シビリア/ストラスブルゴ☎0120-383-563)、「クラブ ゴンミーニ」¥99,000(トッズ/トッズ・ジャパン)

多彩に揃うゴンミーニのバリエーション

 右は男性用の「シティ ゴンミーニ」。ドライビングシューズとして名高いゴンミーニを、さらに街歩きに適するようにモディファイしたモデルです。具体的には、アウトソールをラバーにすることで、本来持っている機能性は保ちつつ耐久性をアップ。スエード素材のネイビーが、男性らしいシックな落ち着きを醸し、「T」をかたどったバックルが控えめなワンポイントに。「スーツやジャケットスタイルの足元にも合いますね」とは齊藤さんの提案です。そして左は、「ダブルT」のバックルが目を引く女性用ゴンミーニで、最初に紹介したものと素材違い。メタリック加工されたカーフレザー製で、バックルもメタルを使用。独特の風合いが足元にインパクトをプラスしてくれます。ちなみにブロンズカラーは肌色になじみやすく、クロップ丈の白ジーンズやスカートと合わせる脚見せコーデとは好相性。「スタイリッシュに装いたいなら、おすすめの選択」と齊藤さん。

pic02

右:メンズ「シティ ゴンミーニ」¥63,000 左:レディス「ゴンミーニ」¥69,000、 (トッズ/トッズ・ジャパン)

エスパドリーユを進化させた夏っぽさが魅力

 そして次は、男性の夏のヌケ感のある装いにぴったりなスリッポンスニーカー。編み込みのラフィアのテープがエッジを彩り、エスパドリーユをより上品に、ラグジュアリーに演出した一足です。かかとまで巻き上げたラバーのアウトソールには、「ゴンミーニ」のペブルのモチーフが施され、グリップ力は抜群。さらに履き口にサイドゴアとパッドを配することで、着脱もスムーズかつフィット感も向上。「バカンスの旅先などで大活躍しそうですね」。

pic03

シアサッカーのパンツ¥31,000(シビリア/ストラスブルゴ ☎0120-383-563)、型押しのスリッポン¥64,000(トッズ/トッズ・ジャパン)

ディテールにこだわった、使い勝手のいいメンズスニーカー

 こちらは厚めのソールが印象的な人気シリーズから。アッパーは同系色のスエード型押し×ヌバックを組み合わせて、サイドにTOD’Sの頭文字の「T」を表現。ソールにもゴンミーニのラバーペブルを模したモチーフを配するなど、ディテールに凝った仕様が特長です。白いラバーソールとネイビーのアッパーとのコントラストが、軽快さとラグジュアリー感を両立。ショートパンツのラフな着こなしから、ジャケットを羽織ったエレガントスタイルまでをカバーする、そんな汎用性の高さも魅力です。齊藤さんからも「夏のスポーティな装いの足元を彩るには、一足あると便利です」とお墨付き。

pic04

スニーカー¥64,000(トッズ/トッズ・ジャパン)

都会的なこなれ感が漂うレディススニーカー

 最後はレディスのスニーカー。こちらもエッジをラフィアで縁取っています。特に奥のメタリックレザーと天然素材の組み合わせが印象的。太めのブラックシューレースと相まって、今回ご紹介する中では最も都会的なムードを醸し出す2足。アッパーに施されたパンチングによって通気性にも配慮され、足入れ部分にメッシュ状のストレッチ生地を用いてフィット感を向上。機能的にも申し分のない、スタイリッシュなスニーカーです。

pic05

スニーカー 各¥88,000(トッズ/トッズ・ジャパン)

 さてトッズのシューズラインアップはいかがでしたか? どれもカジュアルとエレガンスのバランスがちょうどよい上に、機能性にも定評があるので、夏の間にヘビーローテーションしそうなものばかり。気になるものを見つけたら、売り切れてしまう前に、ぜひお店をのぞいてみてください。

問い合わせ: トッズ・ジャパン☎0120-102-578