ゆっくり生きよう・にっこり走ろう

人にも環境にも自分にも優しくいきる。それがフィアットカルチャーです。

安全第一で、乗って楽しい! イタリア生まれの「RODY」と「FIAT 500X」

イタリア生まれの定番玩具「RODY(ロディ)」。キュートな子供向け玩具として人気を集めていますが、じつは200㎏の重さにも耐えられるほど丈夫で、おとなの健康グッズとしても使えるってご存じでしたか?

170210_Fiat_Rody_01

イタリアのオソッポ村で生まれた乗用玩具「ロディ」

カラフルなボディに愛らしい表情。背中にまたいで耳を持つと、おとなも童心にかえってしまう乗用玩具「RODY(ロディ)」。イタリアのオソッポという小さな村で生まれたキャラクターです。

ロディが生まれたオソッポ村はイタリア北部に位置します。

170210_Fiat_Rody_02

ロバのようにも見えるロディですが、その正体はお馬さん。ロディという名前は「ロデオ」から取られました。生年月日は1984年2月14日。ドイツで開催されたおもちゃショーに出展されたその日が誕生日に。バレンタインデー生まれなのです!

今やベビーやキッズへのプレゼントとして人気のロディですが、日本にやってきた90年代にはおしゃれなショップにオブジェのように飾られ、流行に敏感な若い女性たちから「かわいいインテリア」としても注目を浴びました。

170210_Fiat_Rody_03

やがてその世代が子どもを持ち、おもちゃとしてロディを買うように。おじいちゃんやおばあちゃんから、孫にプレゼントするケースも増えているようです。安全に遊べるおもちゃだけに、公共施設の休憩所や待合所など子供が集まる場所に置かれているのもよく見かけますね。

170210_Fiat_Rody_04

最初に誕生したロディは赤でした。やがて青と黄色が加わって3色に。その後、ピンク、オレンジ、ライムグリーンも仲間入りして、ロディ人気に火が付いたのだとか。

笑顔を生み出す楽しい乗り物、じつは健康グッズとしても!

170210_Fiat_Rody_05

安全で頑丈だから思いっきり遊んでもOK。この安心感が「楽しい!」を支えています。

そんなロディですが、実は「楽しい」だけではなく、なんとおとなの健康グッズとしても使えるのです! メーカーのLEDRAPLASTICはバランスボールを作る会社で、そのノウハウを生かしてロディのひな形を作ってみたのが最初なのだとか。

170210_Fiat_Rody_06170210_Fiat_Rody_07

バランスボールと同じく、空気を抜けばこんなにコンパクト。空気の出し入れも簡単なので使わないときはたたんで収納しておくことも。

日本体操学会や日本Gボール協会から安全性・耐久性のお墨付きも得ており、子どもたちが少々乱暴に扱ってもこわれることはないし、耐荷重は200㎏なので大人が乗ってジャンプしてもOK。

170210_Fiat_Rody_08

ロディがぐらぐら揺れないよう、まっすぐ下に沈むことを意識しながら乗っていると体幹が鍛えられてバランス感覚が身につきます。立ち上がって太ももの間にぎゅっと挟み、鍛えにくい内ももをエクササイズするのもおすすめ。

170210_Fiat_Rody_09

枕にしたりオットマン代わりにしたり。赤ちゃんにも子どもにも、そして大人にもやさしいのです。「RODY STORE」で買えば2年間の無料保証付き!

ロディと500Xは“安全”つながり

170210_Fiat_Rody_10170210_Fiat_Rody_11

定番のほか、限定カラーやコラボ企画も毎年いくつか登場しています。これらもすべて日本発信のロディたち。左のブラックは以前の人気カラー。モノトーン好きの間では今も伝説になっています。右は2017年のストア限定カラー「カフェラテ」。淡い色あいがおしゃれでかわいい!

乗って楽しく、しかも安全性抜群。子どもから大人までファミリーで楽しめる・・・というその在り方は、まさにコンパクトSUV「FIAT 500X」と同じ。「500X」は米国IIHS(道路安全保険協会)が行う安全性評価において、最高評価の「2016トップセーフティピック+」に認定されました。

170210_Fiat_Rody_12

FIAT 500X。ロディに共通するキュートなイタリアンデザインにも注目!

家族や子供の安全が第一なのは万国共通。安心だからこそ存分に遊べるという点では、ロディも500Xも同じですね!

Rody official web shop「RODY STORE」
©LEDRAPLASTIC JAMMY
【関連記事】
今乗っている車種も、あこがれも名車も!ミニカーの世界にはまる!
子どもにこそ上質な服を着せてあげたい
家族みんなで泊まりたい「他郷阿部家」

撮影 SHIge KIDOUE
取材・文 山根かおり
matricaria