ゆっくり生きよう・にっこり走ろう

人にも環境にも自分にも優しくいきる。それがフィアットカルチャーです。

正しいドライビングポジションの取り方 知っていますか?

正しいドライビングポジションで安全と快適を!

愛車でドライブに出掛ける時、クルマに飛び乗って、サッとシートベルトを締めて走り出す……。そんなシチュエーションに心当たりはありませんか?

運転姿勢というと、とかく楽な体勢を求める方がいますが、じつは正しい運転姿勢が取れていないと、ドライブする上で様々なリスクにさらされることになります。安全に快適にドライブを楽しむためにも、正しいドライビングポジションを心掛けたいものです。

運転姿勢はスポーツで言う“フォーム”のようなもの。基本がしっかりできていなければ、ドライバーはクルマの動きを身体で感じ取れないだけでなく、常に身体が揺すられながら走る走行環境の中で、クルマが必要としている正確な運転操作が行えません。

また、とっさに急ブレーキを踏まなければいけない状況になった時、シートから身体がズレこんで、ブレーキペダルを奥まで踏み切れずに、前方の障害物に衝突してしまうケースも少なくありません。万が一、衝突してしまった際に身体に受けるダメージが大きくなってしまう可能性もあるのです。

つまり、正しい運転姿勢をとることは、安全運転に貢献するということ。さらに、しっかりと身体にフィットするポジションはドライバーがクルマの動きをしっかりと感じ取れるようになるため、愛車と意思疎通を交わしながら走る歓びを満喫することができるのです。

そこで今回は、正しい運転姿勢の重要性を確認した上で、理想的なドライビングポジションを見つける上での注意点について、ご紹介させていただきたいと思います。

① シートに座る時

【× 悪い例】シートに浅く座り、腰とシートの間に△状の隙間が空く

【○ 正しい座り方】シートと腰の隙間をしっかりと埋めるように深く腰掛ける

運転姿勢を整えるためには、まずはシートに腰掛ける位置が重要です。
シートになんとなく腰掛けてしまうと、腰とシートの間に隙間ができてしまいがちです。

正しい座り方は、シートに座る時に腰の後ろの隙間を埋めるようにして、深く腰掛けるのがポイントです。最初に腰を落とす位置が浅すぎると、シートスライドやバックレストを調節しても余分な空間がある分、衝突事故の際、乗員の身体がシートベルトからすり抜けてダッシュボード下部にズレこむ“サブマリン現象”を起こすリスクがあります。

② シートスライドの調整

次はシートの前後スライドの位置を調整します。調整の方法として、ブレーキペダルに右足を置き、ペダルを一番奥まで踏み込んだとき、ヒザが伸びきらない位置に前後スライドを合わせます。

ヒザが伸びきってしまう位置に座席を合わせた場合、足がピンと突っ張った状態でブレーキを掛けながら衝突してしまうと、クルマの前方から受けた衝撃がドライバーの足を伝わり、損傷が骨盤にまで及ぶなど、ダメージが大きくなる可能性があります。ヒザの関節にゆとりがあれば、ブレーキペダルを奥までしっかりと踏み込めるだけでなく、受けた衝撃を緩和する効果が得られます。

③ バックレストの角度調整

バックレストの調整はシートの脇に設置されているダイヤル、またはレバーやスイッチで行う。着用している服の厚みの違いで適切な背もたれの角度は変わるので、クルマに乗り込む度に調整することを意識したい。

『バックレスト』とは、いわゆる『背もたれ』のことを指します。クルマのシートは家のソファーと違い、常に動いたり、揺られたりしながら運転操作を行うことになるため、上体の位置が倒れ過ぎているとハンドルが遠すぎて、大きく回したい時に手が届かなくなる場合があるだけでなく、カーブや山道などを走る時、遠心力で横方向に力が掛かって、ドライバーの肩が背もたれから外れてハンドルにしがみついてしまう“不安定な運転操作”になりがちです。バックレストの角度をヒジの関節にゆとりが得られる位置まで起こせば、腕を大きく回すことができるので、スムーズな運転操作が行えるようになります。また、シートベルトの効果が充分に得られるようになります。

バックレストを調整する際に基準となるのは、肩が浮かない状態でハンドルの上部を片手で持ったとき、ヒジが伸びきらない位置までバックレストの角度を起こすこと。

最近のクルマにはエアバッグが装着されていますが、ハンドルの中央からドライバーの顔までの距離を25cm以上確保することもお忘れなく。衝突の際、エアバッグはまばたきよりも早いスピードで展開されるので、ハンドルに近すぎたり、シートベルトが正しく装着されていなかったりすると、怪我をする可能性があるので注意が必要です。背もたれはハンドルに対して遠すぎず、近すぎない位置に合わせることが大切です。

【× 悪い例】ハンドルの上部を持って、ヒジが少し曲がる位置に合わせた時、写真のように肩がバックレストから離れてしまうのはNG。調整するときは、肩をしっかりとバックレストに押しつけた上で、ハンドル上部を持った時にヒジが軽く曲がるのが正解。

④ シートリフターの調整

シートリフター付きのクルマの場合、座面の高さが調節できます。中でも、小柄な体格のドライバーの場合、目線の位置が低くなりがちなので、バスタブに浸かっているように周囲を見渡せる範囲が狭くなってしまいます。座面の位置を上げ、目線の位置を高くすると、クルマ周りが見渡しやすくなるので、積極的に心掛けてみてください。

⑤  ハンドルの位置の調整

ハンドルの高さを調整する『チルト機構』も運転姿勢を調節する上で活用したい装置です。ハンドル下部のレバーでロックを解除して上下の位置を調整すると、ハンドルの高さを変更できます。メーターが見渡せて、大腿部に当たらない範囲でなるべく低めの位置に合わせると、ハンドルを回しやすくなります。扱いやすい位置をご自身の体型に合わせて調節してみてください。

⑥  ヘッドレストの調整

ヘッドレストという名前であっても、頭を休めるためのものではありません。正確には『head restraint』という言葉で、頭部の拘束装置を意味しています。ヘッドレストは衝突事故の際にむち打ち障害を緩和するための装置で、正しい位置に合わせることが重要です。高さを合わせる時は目と耳の高さの延長線上にヘッドレストの中心がくるように調節します。

⑦  シートベルトの掛け方

シートベルトを何の気なしに着用している方がいますが、ねじれやたるみがないか確認し、ベルトが通過する位置を整えることが効果を得る上で重要です。

肩ベルトが適切な位置に掛かっていないと、衝突の衝撃で首を圧迫してしまったり、ベルトから上体がすり抜けて怪我をしてしまったりすることもあります。また、腰ベルトがお腹に掛かっていると内臓を圧迫してしまうリスクがあります。

クルマが衝突した時は想像を超える衝撃が働きます。例えば、時速40kmで走行中に壁に激突した場合、乗員には体重の30倍以上の力が掛かります。体重50kgの人なら約1.5t、体重25kgの子供でも750kgの力となり、自分の力で支えることは不可能です。そうした衝撃を支えるためにも、シートベルトを正しく装着することは重要なのです。

正しい装着方法としては、肩ベルトは鎖骨の中央を通過させ、腰ベルトは骨盤の上を通します。最後に、シートベルトは身体に沿わせるようにたるみを引き上げる一手間もお忘れなく。また、シートベルトは化学繊維で出来ているため、事故の衝撃で伸びてしまうことがあります。着用した際にたるみを無くすことで身体が固定でき、怪我のリスクが減らせるだけでなく、走行中に身体がズレなくなり、快適に過ごせるものです。

正しいドライビングポジション

正しいドライビングポジションを実践しよう!

ハンドルやシートの可動範囲には限りがあり、さまざまな体型のユーザーが完璧な位置に合わせるのは難しいですが、理想的な運転姿勢に少しでも近づける意識をもつことが大切です。

背もたれの角度やシートスライドの位置など、最初は窮屈感を覚える方が多いですが、腰椎を起こした体勢で、シートに身体がピッタリと収まる着座姿勢は長時間走り続けた時に疲れにくいメリットもあります。また、何より安全運転に結びつきます。

高いレベルの運転スキルをもつプロのレーシングドライバーでさえ、正しい姿勢がとれていなければ、クルマの動きを身体で感じづらく、正確に走らせることが難しいという『ドライビングポジション』。みなさんも今日から是非、実践してみて欲しいと思います。

藤島知子(モータージャーナリスト)

幼い頃からのクルマ好きが高じて、スーパー耐久のレースクイーンを経験。その一年後、サーキット走行はズブの素人だったにもかかわらず、ひょんなことから軽自動車の公認レースに参戦することになる。以来、レースの素晴らしさにどっぷりハマり、現在は自動車雑誌やWeb媒体で執筆活動する傍ら、箱車にフォーミュラカーにと、ジャンルを問わずさまざまなレースに参戦している。