ゆっくり生きよう・にっこり走ろう

人にも環境にも自分にも優しくいきる。それがフィアットカルチャーです。

FIAT Panda ライフを200%楽しむアクセサリーの世界!


フィアット クライスラー ジャパン
パーツ部 アクセサリー シニア スペシャリスト
小野祐之さん

FIAT Pandaは小回りが利くコンパクトなボディ、日常生活の様々なシチュエーションで扱いやすさを発揮する5ドアモデル。普段のお買い物から、お友達や家族を乗せてドライブに繰り出すレジャーシーンまで、幅広く活躍してくれるマルチユースなモデルです。

小野さんに学ぶ! Pandaのためのアクセサリー

ところで、FIATには、そんなPandaの魅力を引き出す多彩な純正アクセサリーが用意されているのをご存知でしょうか? 自分らしいファッションセンスが生かせるアイテムから、用途に応じた機能性を発揮して、お出かけをもっと楽しくしてくれるパーツまで用意されていて、Pandaと過ごす毎日をより充実したものにしてくれそうです。そこで、今回はFIATのスペシャリストにPandaのアクセサリーを使いこなす秘訣についてお話を伺ってみました。

─── Pandaにはイタリアならではのデザインセンスを採り入れた多彩な純正アクセサリーが存在するそうですが、利便性が得られることはもちろん、ファッションとしても私たちのカーライフを素敵に演出してくれそうですね。

小野
イタリアではバカンスに入る7月になると、小さなクルマに大きなバッグやコンテナなどをヒモでくくりつけて走っている姿を目にするものです。そんなクルマたちは『バカンスに出掛けるぞ!』と語りかけてくるような楽しげな雰囲気に満ち溢れていて、微笑ましい光景に映ります。Pandaや500(チンクエチェント)といったモデルについては、今でもそうしたスタイルは変わっていません。

趣味や旅行の荷物をルーフに積み上げるために、3代目Pandaのルーフには、ルーフレールが装備されています。ルーフレールの上に純正アクセサリーとしてラインナップしているベースキャリアを取り付ければ、様々な荷物を積むことができます。

『ベースキャリア』
Pandaのルーフレール装備車用の専用設計でPandaのロゴ入り。

─── ルーフキャリアというと、市場には様々な製品が存在していますが、純正パーツならではの特徴はありますか?

小野
ルーフキャリアは安全性重視で選んでいただきたいパーツのひとつです。
こちらのベースキャリアは『Panda』のロゴ入りになっているだけでなく、Pandaに合わせて専用設計された製品です。さらに、自転車などを固定する際にベースキャリアに組み合わせるアタッチメントも別売りでご用意しています。

様々なクルマに流用できる汎用品は、取り付け時にガタが出てしまうケースがあるようですが、専用設計された純正品の場合はルーフにピッタリと装着できる形で作れるメリットがあります。つまり、キャリアがボディ側にしっかりと固定されるので、高速走行時でも安心感が得られるということです。

純正のルーフキャリアはネジを8本使ってルーフレールに装着するタイプで、FIAT正規ディーラーで作業をする場合は30分程度で取り付けできます。

アタッチメントを装着すると、様々なアイテムを固定しやすい。
アルミニウム製の『バイシクルキャリアアタッチメント』は、メインフレームφ22-80mmの大人用自転車に対応。

『サーフボードホルダー』
ウインドサーフィンのセイルボード、マストを積載するホルダー。前後2個のパッドのセット。(写真のストラップは付属していません)

『カヤックホルダー』
カヤックの特殊な形状にフィットする専用のアタッチメントも用意。

─── 自分好みのコーディネートが楽しめる、Pandaならではのお洒落なパーツはありますか?

小野
今回のPandaならではの特徴的なアイテムとしては、ドアミラーのカバーやホイールのセンターハブキャップ、ルーフレールのカラーがそれぞれコーディネートできることが挙げられます。

設定されているカラーは『マット レッド』、『マット サンド』、『シルバー』、『マット バイオレット』の4色。ミラーカバーは左右2個で1セット、アロイホイール用のセンターハブキャップは1台分の4個が1セット、ルーフレールはレールごと交換することでカラーコーディネートが楽しめるもので、左右2本のスチール製ルーフレールと前後のプラスティックカバーを加えたものが1セットになっています。

赤を挿し色として使うことでシックな演出も可能な『マット レッド』。

柔らかい光沢が温かみを感じさせる『マット サンド』。組み合わせ次第では引き算効果でPandaを優しいイメージに仕立てることもできる。

アロイホイールの金属部やクロームパーツとの親和性が高い『シルバー』は、全体をスッキリと見せる効果も。

フレンドリーなPandaのイメージをガラリと変えてみせる『マット バイオレット』。引き締まった雰囲気で洗練されたイメージに見せる斬新な色合い。

─── Pandaを購入されるオーナーの皆さんに人気のアイテムはありますか?

小野
フロアマットは依然、多くの方が購入されるアイテムです。そこで、日本のお客様に向けて、3代目Pandaのデザインモチーフとされている『丸』と『四角』を組み合わせた『スクワークル』をかたどったマットをご用意しました。欧州で使われている薄型タイプのマットと比べて厚みのある素材を使っているため、ヒールパッドの部分が擦り切れにくくなっています。さらに、マットの端のワンポイントとして、3種類のオーナメントが付属されているので、気分に応じて付け替えることができるようになっています。

『フロアマット カジュアル』
ヒールパッドにはスクワークルのデザインを採用。『Panda』の文字が入ったオーナメントはレッド、バイオレット、ライトグレーの3色が付属する。

小野
また、最近では、LED関連のアイテムも人気です。
内外装のイルミネーションを変更することで、イメージを変えられるほか、従来のライトと比べて省電力になるメリットも得られます。省電力であれば、発電するためのエネルギーが抑えられることになり、エンジンがアイドリングストップしている時間も長くできるため、燃費面でも効果が期待されます。

LEDのフォグランプはドレスアップパーツとしても人気が高いアイテムですが、日本においてはバルブ(球)だけ付け替えるケースが一般的です。しかし、良好な視界を確保するためには、リフレクター(反射板)とバルブの相性も重要です。純正品のLEDフォグランプはコネクターなどをPanda専用にモディファイし、リフレクターをLED専用設計とすることで、性能を100%発揮できるように配慮されています。レンズカットが美しいだけでなく、安全確保の上でも効果的です。

『ポジションランプLEDバルブ』は白色LEDで精悍なイメージに。クリアに灯るランプにより、周囲に自車の存在を認識してもらいやすくなるメリットも。
下部のランプは『LEDフォグランプ』。悪天候時に優れた照射能力を発揮して、明るい視界を確保。最先端の技術によって消費電力を抑えながらも、6400K相当のワイドでシャープな配光を実現する。

『LEDナンバープレートランプバルブ』
白色LEDがリアビューをシャープなイメージに印象づける。

『LEDルームランプバルブ』
インテリアを洗練されたイメージにブラッシュアップ。

小野
車内で香りを楽しめるアロマディフューザーも人気があります。
こちらは、シガーソケットに差し込むディフューザーにFIATブランドに相応しい香りをブレンドしたエッセンシャルオイルがセットになっている商品。
化学的に調合された芳香剤と違い、天然成分から抽出されていることもあって、自然に馴染める香りです。夏場にはメントール系の香りで体感温度が2℃ほど下がる効果が期待できるブレンドオイルが用意されたり、ドライブ中の清涼感やリフレッシュ効果を狙った純正アロマエッセンシャルオイルも登場しています。

『アロマディフューザー』。本体内部のトレーに純正アロマエッセンシャルオイルを数滴染み込ませてシガーソケットに差し込むと、車内にアロマの芳香がじわりと広がる。アロマエッセンシャルオイルには、リフレッシュ効果が期待できるものなど、様々なテーマに基づいて配合された純正オイルが用意される。

─── ペットとお出かけするときに使える便利なアイテムはありますか?

小野
ペットや濡れた荷物を載せる際、リアシートを保護する『ペットシートカバー』や『リアシートプロテクション』がオススメです。これはネコや犬をクルマに乗せる時など、シートを汚さないようにカバーするもので、Pandaのシートにピッタリ合わせたサイズで仕立てられています。運転席と助手席の背もたれ部分の間にはファスナーが付いていて、前後席間をアクセスできるというきめ細かな配慮も忘れていません。

『ペットシートカバー』
ナイロン製の素材を使って車内を保護するプロテクションシート。前席背もたれの中央部はファスナー付きで、前後席間をアクセスできるように配慮された設計。

─── どれもクルマを使うシーンが200%楽しくなりそうなアイテムばかりですね。今回登場した純正アクセサリーはごく一部でしたが、Pandaには他にも魅力的なアイテムが数多くラインナップされているそうですね。最後にPandaライフを楽しむファンのみなさまにメッセージをお願いします。

小野
初代Pandaはジウジアーロがデザインを手掛け、実用一点張りのコンパクトカーにお洒落なデザインを採り入れた『計算されたパッケージング』が魅力のモデルでした。そうした要素は3代目となるPandaにもしっかりと受け継がれています。さり気なく実用性が重視されたベーシックなイタリア流のクルマのお洒落な楽しみ方、イタリアの製品ならではの洗練された色づかいを多くのみなさまに楽しんでほしいと思います。Pandaは個性を大切にするお客様が購入されているモデル。純正アクセサリーを使いこなして、自分だけのPandaを作って楽しんでいただけたら嬉しいですね。