ゆっくり生きよう・にっこり走ろう

人にも環境にも自分にも優しくいきる。それがフィアットカルチャーです。

クリスマス&お正月に家庭で味わいたい、「温めるだけ!」の本格イタリアン

年末年始の予定はお決まりですか? この時期は、クリスマスや忘年会、新年会など、ホームパーティーが増えるもの。そこで家族や仲間と楽しめるお手軽&本格的なイタリア料理をご紹介します。

161223_Fiat_Christmas_01

家族や仲間が集うウィンターシーズンの食卓

さて、日本ではクリスマスが終わるとすぐにお正月ムードになりますが、イタリアでは大晦日をはさみ1月6日の公現祭(エピファニーア)へと続きます。クリスマス当日は普段離れて暮らす親戚なども一同に集まりノンナ(おばあちゃん)やマンマ(お母さん)の手料理を囲むので、ちょうど日本のお正月と同じような雰囲気です。

161223_Fiat_Christmas_03

乾杯のお供にはスプマンテがおすすめですが、メインの肉料理にはフォンタナフレッダのバローロをいかが? 1878年創業、1世紀以上にわたってワインを造り続け、バローロの名声を世界に知らしめた名門。パーティーにおすすめです。

家族や仲間が集うとき、必要なのはおいしい料理。当サイトでは、フィアットファンの皆さんにご家庭でも楽しいでいただける、イタリアの方やシェフ直伝のレシピを多数ご紹介してきました。
(詳しくはこちらから:「クリスマスのための家庭料理」「ホームパーティーで作りたいチキンの肉巻き」「ゴルゴンゾーラを詰めた紫色のニョッキ」「濃厚カルボナーラ」「ポルチーニのクリームパスタ」

どれも本当においしいので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

とはいえ、パーティー料理を一から十まですべて手作りするのってやっぱり大変。「手抜きメニュー」も上手に加えつつ、「わーっ!」と喜んでもらえる食卓にしたいものです。そこで今回は、イタリア食材を専門に手がけるモンテ物産から、年末年始に家庭で味わえるイチオシのイタリア料理をセレクトしていただきました。

イタリア食材のプロ「モンテ物産」のイチオシは?

161223_Fiat_Christmas_04

イタリアの年末年始に欠かせない定番料理を、手軽にしかも本格的な味わいで・・・そんな贅沢な願いを叶えてくれるこちら。1912年の創業以来、モデナの食の伝統を今に伝えるFINI(フィーニ)ブランドが手がけるコテキーノとスティンコです。付け合わせのレンズ豆もぜひご一緒に。

まずは北イタリアの伝統料理、「スティンコ・ディ・プロシュット(骨付き豚すね肉)。」手でほろりと崩れるくらいにやわらかく焼き上げられた一品です。手作りしようとすれば3〜4時間はかかるメインディッシュですが、FINIのこちらは真空パックされているので熱湯で20分ほど温めるだけ!

161223_Fiat_Christmas_05

厳選された豚のすね肉を使ったやわらかな食感とスパイスの効いた繊細で豊かな味わいは、まさに主役級。オーブンで加熱調理した後に真空包装されているのでパックのまま約20分間温めればOK。付け合わせにはポテトがおすすめです/スティンコ・ディ・プロシュット 600g/1,979円

骨付き肉を大皿にドーンと盛り付けるだけで、パーティーの食卓は華やかに。スティンコに欠かせない付け合わせはポテトなので、ローストしたりフライやマッシュにしたり、お好みでたっぷり添えて召し上がれ。

161223_Fiat_Christmas_06

真空パックのまま温めた後、煮汁を表面に塗りながらさらにオーブンで焼き上げておいしそうな焼き色を付けるのもおすすめです。仕上げにローズマリーを飾れば彩りもきれい。

イタリアの“おせち料理”コテキーノも温めるだけ!

続いて、イタリア版「おせち」ともいえるコテキーノ。豚のひき肉に、頬の脂身や皮、スパイスを混ぜて腸詰めにしたもので、皮のゼラチン質が独特なやわらかいおいしさを演出しています。イタリアの新年にはこのコテキーノと、豚足に同様の中身を詰めたザンポーネが欠かせないのです。

161223_Fiat_Christmas_07

もとは北部、エミリア-ロマーニャの伝統料理でしたが現在は全土で食されるコテキーノ。イタリアでは新年の食卓に必ずのぼるといいますから、まさしくおせち料理のようなもの。スティンコと同じく真空パックごと熱湯で温めるだけなので、ぜひお気軽に/コテキーノ・モデナ 500g/1,979円

161223_Fiat_Christmas_08

コテキーノの付け合わせはレンズ豆。乾燥豆の場合は一晩水に浸けて戻し、香味野菜とブロードで煮て塩コショウで調味しますが、手軽に済ませたいときには「ポジリポ」ブランドのレンティッキエ(レンズ豆)水煮(400g/234円)を。自然な塩味で、肉料理、サラダ、スープなど幅広く使えます。

昔からイタリアでは「レンズ豆を大晦日に食べるとお金持ちになれる」という言い伝えがあり、縁起の良い食材のひとつ。そして豚肉は子孫繁栄の象徴ともいいますから、この組み合わせは新年にぴったり。おせちの中身に、たとえば「栗きんとん→金運UP」「数の子→子孫繁栄」といった意味合いを込めるのとなんだか似ていて、親しみがわきますよね。

161223_Fiat_Christmas_09

スライスしたコテキーノにやさしい味付けのレンズ豆を添えて。コテキーノはとても濃厚な味わいで見た目以上のボリューム感があるので、大勢で少しずつつまむのに最適。パーティーにうってつけのひと皿です。

パニーノの具材としてもパーフェクト!

たっぷりの料理をにぎやかに並べたパーティーの翌日、もしもスティンコやコテキーノが少しでも余っていたら・・・それはパニーノ(サンドイッチ)の最高の材料になります。どちらも味付けがしっかりしているので、パンとの相性は抜群(もちろんサラダの具材にも)。おいしいパニーノを作るためにコテキーノとスティンコを買ってもいいくらい、おすすめです。

161223_Fiat_Christmas_10

バゲットにマスタードやバターを塗り、ルッコラなどを敷いた上に、レンズ豆+コテキーノ、ローストポテト+ほぐしたスティンコを載せるだけ。スティンコにはアドリアーノ・グロソリのバルサミコ・クリーム(250ml/1,105円)をたっぷりかけてみて!

いよいよ2016年も大詰め。新しい一年がもうそこまで迫っています。家族や親戚、友達同士でにぎやかに食卓を囲みながら今年一年を振り返り、来たる一年の夢や抱負を語り合いたいものですね。「来年はどこに行こうか?」などと愛車とのお出かけ予定を計画するのも楽しそう! いつものドライブが、友達とのショッピングが、家族とのお出かけが、フィアットといっしょなら、もっと楽しくしあわせな気分になるはず。

161223_Fiat_Christmas_11

さてさて最後は、この季節にイタリア人が交わす定番の挨拶で締めくくりたいと思います。
Buon Natale e Felice Anno Nuovo!(メリークリスマス、そして新年おめでとう!)

モンテ物産
直営店「Picco(ピッコ)」
*渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル
03-5466-4535
10:30〜17:15(土日祝日定休)
*大阪市中央区北浜3丁目1番18号 島ビル
06-6209-0522
11:00〜18:00(土日祝日定休)
オンラインショップ「L’amoitaliaラーモイタリア」
今回ご紹介した食材は、直営店Picco、オンラインショップのほか、スーパーや食品雑貨店など、お取扱いのある各店舗でもご購入いただけます。

(関連記事)
イタリアの厳選食材を食卓へ
パーティで作りたい!Mamma直伝の絶品レシピ
イタリア人の“キッチンのお供”グラナ・パダーノ

撮影 SHIge KIDOUE
取材・文 山根かおり
matricaria