ゆっくり生きよう・にっこり走ろう

人にも環境にも自分にも優しくいきる。それがフィアットカルチャーです。

「イタリアらしさ」を追求するKIMBOバリスタ競技会、ついに優勝者が決定!

本物のイタリアン・エスプレッソの普及を目指して行われる「KIMBOバリスタ競技会」の決勝戦が、11月9日に開催されました。6〜7月に開催されたワークショップに始まり、その後、全国7カ所で予選を実施。予選を勝ち抜いた10名の中から優勝の座に輝いたのは・・・!?

161125_Fiat_Kimbo_01

本場イタリアの味を日本にも

フィアットでは、イタリアにまつわる様々なカルチャーの紹介を通じて、日本とイタリアをつなぐ取り組みを行っています。今回ご紹介する「KIMBOバリスタ競技会」(主催:モンテ物産)は、ナポリを代表するコーヒーブランドKIMBOが、本物のイタリアン・エスプレッソのおいしさや、本場のcaffè(カッフェ)文化を広める真のバリスタ育成を目的に開催するもの。本競技会の最大の特徴は「イタリアの味」「イタリアらしさ」の追求にあるといいます。

161125_Fiat_Kimbo_02

審査員のひとり、KIMBOトレーニングセンター責任者のカルミネ・カピタニオさんが淹れてくださったエスプレッソとカプチーノ。審査後は「今日は大会なので順位が付いてしまいますが、みなさんそれぞれにすばらしい時がくると信じています。これからも前進して!」と温かいメッセージが送られました。

決勝の審査基準は、本競技会の審査委員長を務める中川直也さんが自ら実演してくださったこちらの記事をご一読いただくとして、今回はさっそく決勝戦の模様をお伝えしましょう。

準備に10分、提供に10分。緊張のひととき

ただ苦いだけのエスプレッソを飲んだ経験のある人は多いのでは? 本来、エスプレッソとは、目の前にあるマシンを使ってただ抽出すればでき上がり・・・ではないのです。

161125_Fiat_Kimbo_03

審査員長の中川直也さん。「今回とくに厳しくチェックしたのは、その豆のおいしさを本当に引き出せているか、イタリアらしさを感じさせるものが技術にも味にも出ているかの2点。いろいろなスタイルがあるでしょうが、この大会ではイタリアらしさを出すことが大きなポイントです」

エスプレッソにふさわしい豆を選び、適切な粗さに挽き、エスプレッソマシンを最適な状態に設定した上で、正しい抽出方法で淹れなければ、最高の味わいは生み出せません。バリスタはそれを毎日安定して行う必要があります。さらには立ち居振る舞いにも気を配って、お店の雰囲気を作り上げていきます。おいしいエスプレッソとすばらしい接客。その両方を実現させてこそ、真のバリスタといえるのです。

161125_Fiat_Kimbo_04

KIMBOバリスタ競技会は、予選も決勝も同じルール。マシンの調整をはじめとする準備の時間に10分、審査員4名分のエスプレッソとカプチーノを作り提供するまでに10分。予選では、準備が間に合わない人やカプチーノにまで行き着かない人もいるなど、緊張感に包まれた中で審査が進みました。

161125_Fiat_Kimbo_05

そんな調子なので決勝の緊張感は相当なもの。中川さんをはじめとする審査員(国際カフェテイスティング協会認定講師の横山千尋氏、駐日イタリア大使館一等書記官のデルコレ・トンマーソ氏、KIMBOトレーニングセンター責任者のカルミネ・カピタニオ氏)にカッフェを提供しながらプレゼンテーションを行う競技者たちの想いは、見ているこちらにもひしひしと伝わってきました。

決勝へ進んだ10名、その頂点に立ったのは!?

161125_Fiat_Kimbo_06

そんな中、優勝の栄冠に輝いたのは、笑顔の素敵な加藤由希奈さん。予選時には地元・福島でバリスタをしていましたが、現在は東京に引っ越してこの仕事を続けています。
「こういった大会に出ること自体が初めてで、まさか一位になれるなんて・・・! とにかく教わった通りにしっかりやろうと心がけて、トレーニングを毎日がんばりました。評価していただける部分があったとすれば、とにかく笑顔で、アイコンタクトを取りながら臨んだことでしょうか。さらに精進して自分の信じるバリスタ像を貫きたいと思います」と抱負を語ってくれました。

優勝した加藤さんと二位の時崎仙浩さん(ラ・ジョストラ/北海道札幌市)には副賞として、5泊7日(ナポリ3泊、ワイナリー1泊、ローマ1泊)の研修旅行が贈られます。

161125_Fiat_Kimbo_07

研修旅行の内容は、ナポリ・KIMBO本社トレーニングセンターでのトレーニングを始め、街の有名なカフェ巡り、パスタやモッツァレッラの工場見学、ワイナリーでの試飲・併設のアグリツーリズモへの宿泊、地元マンマの料理体験など、普通では味わえないような豪華なもの。「食事の後につながるのがカッフェなので、おいしい食やワインも存分に味わって、本場の味や雰囲気を楽しんできてください。ローマとナポリのカフェの違いも体感できるでしょう」と中川さん。

この大会の意義は、出場して優勝することだけではありません。ワークショップや日々のトレーニングで学んだことを生かして、お客さんに真のおいしさ、楽しみを届けることこそが重要なのです。そんなバリスタがこれからもっと増えて、日本にスマイルが広まるといいですね。これからもおいしいエスプレッソと楽しい笑顔が増えることに期待しましょう! 

※本大会を主催したKIMNOの豆が味わえるお店はこちら
フィアット松濤(東京・渋谷)内にあるFIAT CAFFÉでも提供しております。ぜひお気軽にご来店ください!


KIMBO

(関連記事)
これぞ本物のエスプレッソ&カプチーノ
アウトドアでエスプレッソを楽しもう
カッフェ・チョッコラートをご自宅でも作ってみませんか?

撮影 SHIge KIDOUE
取材・文 山根かおり
matricaria