ゆっくり生きよう・にっこり走ろう

人にも環境にも自分にも優しくいきる。それがフィアットカルチャーです。

「カッフェ・チョッコラート」をご自宅でも作ってみませんか?

イタリアの日常に欠かせないバール。一日に何杯もエスプレッソやカプチーノを飲み、誰もが「お気に入りのバール」を何軒か持っているほど。イタリア人が愛してやまないバール文化の魅力を、日本のみなさまにお伝えしたいと思います。

160304_Fiat_01

「イタリアのバールには、日本のカフェと違って音楽が流れていません。いつも大勢の人でにぎわっていて、会話を楽しみます。バールらしいガヤガヤ感、お皿やグラスがふれあう小気味よい音。そこに音楽はいらないんです」
そう語ってくれたのは、イタリアエスプレッソ協会公認バリスタ、中川直也さん。イタリア国際カフェテイスティング協会認定講師であり、マスタープロフェッショナルの称号も持つオーソリティです。

160304_Fiat_02

写真提供/モンテ物産

中川さんに学ぶ! イタリア流コーヒーの魅力!

一年のうち数ヶ月はイタリアに滞在し、バールはもちろんイタリアの食文化全般に対する造詣が深い中川さん。FIATのイベントにもご登場いただいたことがあり、昨年のバースデーイベントでは、“真のナポリコーヒー”といわれるKIMBO(キンボ)の豆でエスプレッソを淹れ、軽妙なトークとともに800人ものFIATファンにふるまってくださいました。覚えている方もいらっしゃるのでは?

160304_Fiat_03

バースデーイベントでの中川さん。プロのバリスタが淹れたエスプレッソを口にし、「初めて飲みましたがすごくおいしい!」「今まで飲んでいたエスプレッソと全然違う」とみなさん驚いていました。これこそが、本物のエスプレッソなのです。

FIAT Culture Magazineでは、中川さんをナビゲーターにお迎えし、イタリアのバール文化やエスプレッソの楽しみ方を連載でお伝えしていきます。本物のエスプレッソとは? バールってどうやって楽しむの? などなど、イタリア流のコーヒーにまつわる深く楽しい魅力をじっくりと探っていきますのでどうぞお楽しみに。

160304_Fiat_04

チョコレートドリンクを紹介!

初回は、日本人もイタリア人も大好きなチョコレートを使ったドリンクをご紹介。「あるアンケートによると、イタリア人が好きな香りの1位はカッフェ、2位パーネ(パン)、3位がチョッコラートなんです。イタリア国内に15万軒以上あるバールでも、冬から春先にかけてはよくチョコレートが飲まれます。温かくしたチョコレートディスペンサーがお店にありすぐに飲むことができますが、通な飲み方は、エスプレッソにチョコレートを入れて生クリームなどをトッピングするもの。寒い北イタリアでは、さらにリキュールを入れるお店もあります」と中川さん。

160304_Fiat_051763年創業、トリノの老舗Bicerinの人気ドリンク「ビチェリン」。
イタリア中のバールを知り尽くす中川さんにとっても、
お気に入りのひとつだそう(写真提供:中川さん)。

その代表格はトリノの老舗カッフェ・チョッコラッテリア「Bicerin」が提供するチョコレートドリンク、その名も「ビチェリン」。チョコとエスプレッソと生クリームが混ざり合った、美味しくて心も体も温まるこのメニューは、中川さん自身も大好きなのだとか。北イタリアに限らず、フィレンツェやローマやナポリでも「カッフェ・チョッコラート」「チョッコラート アル カッフェ」という名前で同じようなメニューを楽しめるので、イタリアに行く機会があればバールでぜひ味わってみたいですよね!

もちろん自宅でも同じような味わいのドリンクを作ることができます。

「家庭用エスプレッソマシンがあればベストですが、モカポットで抽出した濃いコーヒーでも大丈夫。それがなければ、イタリアンエスプレッソの粉を使ってフィルターで濃い目に抽出したものでも構いません。実際Bicerinのカッフェもそれほど濃くはないので。耐熱のガラスカップなどにエスプレッソ25cc(もしくは濃いめのコーヒー25〜30cc)と温めたチョコレート100〜150cc程度(板チョコとミルクを混ぜて温めればOK)を入れて軽くスプーンで混ぜます。最後に生クリームをトッピングすれば完成。生クリームはかなりゆるめに泡立てても、しっかりホイップさせても、どちらでも相性はいいですが、ガムシロップや砂糖で少し果糖しておくとより美味しいです」

仕上げに、お好みでコーヒーリキュールやアマレットなどのイタリアンリキュールを入れてもいいそうです。

160304_Fiat_06

エスプレッソに加えるチョコレートを、贅沢にマイアーニのFIATチョコにしてみても!

飲み物ひとつ取ってみても、知らないことだらけのバール事情。これから中川さんと一緒に、そのすばらしい魅力を知り、深いながらも気軽な楽しさを体感していきましょう!

撮影協力:COFFEE HOUSE NISHIYA

160304_Fiat_07160304_Fiat_08

今回、撮影用のチョコレートドリンクを作っていただいた渋谷の人気店。ドリンクメニューも豊富なので、ぜひいろいろ試してみて。写真は、NISHIYAさんのチョコラータ。クリームを載せることもできます。

Bellissimo
マイアーニのチョコレートをはじめ、イタリアの厳選食材をお届けしています。

撮影 SHIge KIDOUE
取材・文 山根かおり
matricaria

関連記事:
絶対ほしい! FIATチョコレート×ミニカーセットでハッピーバレンタイン★
バレンタイン発祥の地イタリアのDolceで、甘い時間を
アウトドアでエスプレッソを楽しもう!