ゆっくり生きよう・にっこり走ろう

人にも環境にも自分にも優しくいきる。それがフィアットカルチャーです。

エコ・フェスティバル「アースデイ東京 2017」に FCAジャパンがブースを出展!

170509_Fiat_01

アースデイは1970年にアメリカで始まった地球環境を考えるイベント。今や世界中に広がり、「アースデイ東京」も今年で18年目となります。4月22日(土)、23日(日)に東京・代々木公園で開催された国内最大級のエコ・フェスティバルに、FCAジャパンもブースを出展しました。

アートで子供たちを支える「スマイリングホスピタルジャパン」

今年のアースデイ東京は、「Lifestyle Shift, Now! 未来を創ろう!」がテーマ。「農と食」「経済」「エネルギー」という3つの課題について、希望ある未来を考えます。とは言っても、堅苦しいイベントではありません。300もの団体が参加し、「アースデイキッチン」ではエコロジカルな食材を使った食事を提供。「アースデイステージ」ではコンサートやトークショーが行われ、家族で楽しめるイベントなのです。今年は12万人を超える人々が集まりました。

170509_Fiat_02a170509_Fiat_02b

イベント広場のアースデイステージでは、FUNKIST、加藤登紀子など多彩なミュージシャンがパワフルなライブパフォーマンスを披露した。

フィアットは2011年から「アースデイ東京」に参加しています。今年も自動車ブランドでは唯一の出展社です。けやき通りからイベント広場に入る場所に設けられたブースには、フィアット、アバルト、ジープのそれぞれがサポートしている4つのNPO法人が並びました。

170509_Fiat_03

「スマイリングホスピタルジャパン」は、入院中の子供たちに本物のアートを提供する活動をしています。闘病生活にはつらいこともありますが、アートに触れて自分でも創作を手がけることで、楽しみながら前向きな生活を送ることができるようになるのです。

170509_Fiat_04

スマイリングホスピタルジャパン代表の松本惠里さん

代表理事の松本惠里さんは、院内学級の教師を務めているうちに子供たちを笑顔にすることの大切さに気づきました。本気で楽しむには、本物との出会いが必要です。アーティストに声をかけると、たくさんの人が応えてくれました。音楽、マジック、造形などさまざまな分野で活躍するプロが駆けつけてくれたのです。
「アートに触れることで、子供たちの治癒力が増すと言われています。アーティストの表現の場ともなっていて、子供たちから学ぶことも多いと話していますよ」

170509_Fiat_05

バルーンアートの実演では、風船をみるみるうちに動物や花に変身させる凄ワザに拍手喝采。

アーティストたちは感染症防止のために厳しいテストを受けなければならず、年2回の健康診断も義務づけられています。それでも参加希望者は増え続け、アーティストとスタッフを合わせると120名を超えました。2012年から始まった活動は全国に広がり、30以上の病院や施設でパフォーマンスを行うように。病院の枠を超えて、家で闘病する子供たちのもとにアーティストを派遣する計画も進めています。

170509_Fiat_06

新聞紙とテープだけでモンスターに変身。思い思いのデザインを楽しむ親子に笑顔が広がる。

会場ではバルーンアートやマジックなどを披露。新聞紙を使ってかぶりものを作り、モンスターに変身する体験コーナーも設けられました。親子で参加する姿も多く、「スマイリングホスピタルジャパン」の活動への理解が深まりました。

犬や猫を保護して里親を探す「ARK」

170509_Fiat_07

FIATのブースはイベント広場の入口にあり、多くの家族連れで賑わっていた。

「アニマルレフュージ関西(ARK)」は、飼い主がいなくなったペットを保護し、新たな里親を探す活動をしています。大阪にシェルターが設置され、犬が約160匹、猫が約170〜180匹ほど預けられています。もちろんケージに閉じ込めるようなことはせず、犬たちも走り回れる清潔な施設です。

170509_Fiat_08a170509_Fiat_08b

ブースではオリジナルグッズを販売。収益金は活動に充てられる。

放棄されたり災害に遭ったりすることもあります。飼い主が老いてしまって飼えなくなるケースもあります。アニマルレフュージ関西では様々な理由で一人ぼっちになってしまったペットを保護し、新たな飼い主を見つけて橋渡しをします。希望者とは必ず面接を行い、相性を見極めます。相性が悪いと判断した場合は、断ることもあります。

170509_Fiat_09

アニマルレフュージ関西の中野真智子さん

スタッフの中野真智子さんは、犬や猫が今度こそ幸せな生活を送れるようにするためには、厳しい目でマッチングをすることが重要だと話します。25名の専従スタッフだけでは手が足りず、多くのボランティアが参加しています。動物を扱う専門学校生の参加もあり、動物たちの心身のケアを行っています。

兵庫県の篠山に新たな犬舎を建設中で、活動の幅が広がりそうです。東京にはシェルターがないため、一時預かりのボランティアが月に2、3回里親イベントを行っています。会場にも1匹のワンちゃんが登場し、来場者から注目を集めていました。

FCAグループのアバルトとジープも参加

170509_Fiat_10a170509_Fiat_10b

シャイン・オン!キッズでは子供を勇気づける「ビーズ・オブ・カレッジ」の活動も。

このブース内には、同じFCAグループのアバルトが支援する「シャイン・オン!キッズ」も参加しました。重い病気と戦う子供たちと家族をサポートしていて、ファシリティドッグと呼ばれる訓練された犬とのふれあいによる緩和ケアを行っています。

170509_Fiat_11

シャイン・オン!キッズのマネージャー橋爪浩子さん

マネージャーの橋爪浩子さんは、「ファシリティドッグのベイリーやヨガに会った子供たちは、みんな笑顔になってくれます」と話していました。

FCAグループのジープが支援する「環境リレーションズ研究所」のブースでは、植樹イベントを紹介していました。記念日などに自分の木を植える「Present Tree」という運動で、参加すると木の里親になることができます。全国で25か所の森で70万ヘクタールに15万4000本もの苗木が植えられました。

170509_Fiat_12

環境リレーションズ研究所のブースでは、里山に生えていた苗木を使ったミニ盆栽を提案。

事務局長の平沢真実子さんは、「これまでに447万人が参加しました。森林再生と地域振興を同時に進めることができます」と運動の意義を語ります。植樹イベントにはジープの車両も参加するそうです。

170509_Fiat_13

環境リレーションズ研究所事務局長の平沢真実子さん

FCAブースの外でも、ジープの支援するNPO法人が出展していました。フジロック・フェスティバルで環境保全の運動をしている「フジロックの森プロジェクト」は、新潟の木材を使ったワークショップを開催。全国でゴミ拾い活動をしている「green bird」は、会場周辺で清掃活動のデモンストレーションを行いました。

170509_Fiat_14a170509_Fiat_14b

フジロックの森ではコースター作り、green birdではごみ捨てゲームが人気。

「人、社会、地球環境、そのすべてと価値を共有し、豊かな世界をつくり上げていく」という理念を掲げるFCAジャパンは、ブランドごとに、さまざまなNPO法人をサポートすることで社会貢献を行っています。「アースデイ東京2017」を訪れた人々に、FIATとFCAジャパンが目指す未来の形が伝わったことでしょう。

FIATがサポートする団体

アジア女子大学
JKSK女性の活力を社会の活力に
I LADY. 
ピースウィンズ・ジャパン
ルーム・トゥ・リード・ジャパン
アニマルレフュージ関西 (ARK) 
スマイリングホスピタルジャパン

活動一覧はこちら

2017-05-11

ABARTHがサポートする団体

シャイン・オン!キッズ

Alfa Romeoがサポートする団体

グッド・エイジング・エールズ
ピープルデザイン研究所 
日本ブラインドサッカー協会

Jeep®がサポートする団体

フジロックの森プロジェクト実行委員会
環境リレーションズ研究所
green bird