ゆっくり生きよう・にっこり走ろう

人にも環境にも自分にも優しくいきる。それがフィアットカルチャーです。

「ジャパンキャンピングカーショー2017」に 『FIAT DUCATO』が初登場!!

074A0003
海外では、しっかり定着しているキャンピングカーを用いたアウトドアライフ。その人気は、最近日本でも高まっていて、キャンピングカーはカーライフの大きな流れになっています。

そうした中、キャンピングカーのある暮らしを楽しんでいる方はもちろん、将来キャンピングカーの購入を考えている方や興味のある方たちのための祭典「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、2月2日〜5日に幕張メッセで開催されました。アジア最大級の規模を誇るこのイベントに、『FIAT DUCATO(フィアット デュカト)』が、日本初登場。そのイベントの模様をお届けいたします。

074A0358
全長5,998mm、全幅2,050mm、全高2,524m(室内長3,120mm、室内幅1,870mm、室内高1,930mm)という、日本のフルサイズバンを超える広いスペースを特徴とする『DUCATO』は、世界80カ国以上で販売され、ヨーロッパのキャンピングカー業界ではなくてはならない存在です。ヨーロッパにおけるキャンピングカー市場ではなんと70%以上のシェア(2015年FCAジャパン調べ)を誇り、ヨーロッパを走るキャンピングカーのうち、4台中3台が『DUCATO』をベースとした車両というほど大人気のモデルなのです。

『500(チンクエチェント)』をはじめ、イタリアンコンパクトカーの象徴として、日本でもその認知を高めているフィアットですが、このフルサイズバン『DUCATO』の日本における正式なお披露目にあたっては、日本最大級のキャンピングカーの祭典『ジャパンキャンピングカーショー2017』こそ最もふさわしい場であるとして、初出展が決定。会場のフィアットブースでは、一緒に展示された『500』とともに、ご来場の皆様から大きな注目を集めていました。

074A0064

フルサイズバン『DUCATO』のキャンピングカーとしての魅力とは?

074A0010
『DUCATO』の魅力は、大人でも立って歩くことが出来るその余裕あるキャビンスペースだけではありません。それ以外にも、キャンピングカーとしての様々な魅力があります。

そのひとつが、180度回転するフロントのキャプテンシート。フロントシートがキャビンスペースと繋がることで、デッドスペースを無くし、車内空間を最大限に活用できます。
074A0047
ふたつ目が、一般乗用車に近い運転感覚。エンジンを車両前部に配置することにより、一般の乗用車にしか乗りなれていらっしゃらない方でも違和感のない運転感覚を実現しています。

そして、もうひとつが大きなボディでも十分な出力を発揮するエンジン。最高出力177ps、最大トルク400Nm(40.8kgm)を生み出す2.3L 直列4気筒のディーゼルターボエンジンを搭載。6速セミオートマチックの組み合わせによって、スムーズで力強い走りを実現しています。

キャンプ場へ向かう山道や上り坂はもちろん、様々な状況においても、快適なドライブが期待できることでしょう。実際海外では、キャンピングカーはもちろん、救急車やピザ釜を導入したキッチンカー、試着室のある移動服販売車両、そして商用車などとしても活躍しています。

日本未導入の『FIAT DUCATO』に来場者の視線は釘付け

今回展示した『DUCATO』は、現在は日本参考出展モデル。しかし、来場した皆様からは「ぜひ、日本へ!」「商用車として使ってみたい!」など、日本正式導入を待ち望む熱い声も、多数お伺いすることができました。

インタビューにお応えいただいたご夫婦は、すでに約10年からの『DUCATO』の熱烈なファンとのこと。
「2週間かけて北海道から九州まで周ったことがあります。ペットもいっしょだったこともあって、キャンピングカーには何より快適性を求めます。そうした中『DUCATO』には、長旅でも楽しく心地いい移動ができる、そんな良さがあるんです」と語っていました。

また、30代男性は「とにかく、室内が広い。ベッドメイクも難なくできそうな広々空間がいいですね。長身のボクも安心です」と、日本導入への期待感を大きく膨らませていました。

074A0285074A0336

コンパクトカーからRVまで。
フィアットのプロジェクトの意味するものとは。

イベント初日に行われた「ビジネスディ合同発表会」には、FCAジャパン株式会社の代表取締役社長兼CEOのポンタス・ヘグストロム氏が登壇。「日本導入を視野に入れた『FIAT DUCATOの初出展に関して』というテーマで、講演を行いました。
074A0210
ポンタス氏は、日本のRV市場には新しいチャンスがあるとコメント。ヨーロッパをはじめ、世界中で大人気の『DUCATO』の日本への正式導入を見据えた展望を語りました。
074A0222

『DUCATO』といっしょなら、さらに楽しくしあわせな気分に。

「ジャパンキャンピングカーショー2017」には、過去最大規模の130社が出展、300台以上の車両が集結しました。4日間で、約7万5千人が来場するなど、日本のキャンピングカー市場は販売台数、売上ともに成長しています。今後、さらなる拡大が期待されるキャンピングカー業界。

優れたユーティリティと充実のサイズを備えるとともに、充分なパワーがある『DUCATO』。この極上のモデルといっしょに暮らし「歓びいっぱいのまいにち」を手に入れる。そんな日々が待ち遠しいですね。

074A0014

『FIAT DUCATO(フィアット デュカト)』をもっと知るにはこちら

写真 千葉沙恵子