ゆっくり生きよう・にっこり走ろう

人にも環境にも自分にも優しくいきる。それがフィアットカルチャーです。

“FIATカトラリー”、いよいよお披露目

FIATによる日本伝統のモノづくりプロジェクトが第2弾へ。伊万里焼きのパスタ皿に続いては、金属洋食器で有名な新潟県燕市でオリジナルカトラリーを製作。前回、その製作過程を紹介しましたが、今回はいよいよ完成した“FIATカトラリー”のお披露目です。

150820_Fiat_01

FIATは、日本のモノづくりの継承を目指すNPO法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクト(MIJP)とコラボし、イタリアと日本を繋ぐプロジェクトを展開しています。これは単に日本の伝統文化を伝えるだけでなく、人生をとことん楽しむイタリアのパッションや、デザインへのこだわりを注ぎ込むことで、日常にワクワクを与えてくれるようなモノづくりを目指します。

150820_Fiat_02

「酒蔵でイタリアに染まっCiao! Festa del 2015」では、フードブースやFIATおよびアルファ ロメオ車の展示、写真展、ワークショップなど、イタリアの文化に触れられるさまざまな催しが行われました。

そんな“FIATカトラリー”のお披露目の舞台に選ばれたのは、「和とイタリア」をテーマに食を中心としたさまざまなイタリア文化を提案するイベント「酒蔵でイタリアに染まっCiao! Festa del 2015」。会場となった新潟県新発田市の酒蔵は業種の垣根を超えた異文化交流イベントで賑わい、“FIATカトラリー”の発表の場にぴったり。

150820_Fiat_03

ではさっそくイベントの模様と、FCAジャパン株式会社マーケティング本部長ティツィアナ・アランプレセ氏によるプレゼンテーションを映像でお届けしましょう。

さて、いかがでしたか? FIATでは皆さまにも“FIATカトラリー”をお楽しみいただけるよう製品化の準備を進めています。発表までしばらくお待ちください。

取材 曽宮岳大